いろいろ宝石

ジュエリーショップに行くと、大体メインのショーウィンドウにはダイヤモンドが置かれています。値段も比較的安めになっているので、お給料を貯めれば買うことができます。しかし、宝石は実に様々な種類があり、着ける人を輝かせてくれます。面白いことに、選ぶ人の環境や健康状態によって、似合う石が変化することがあります。それでは、そんな宝石の種類をこれから紹介していきます。 まず、女性に一番人気があるダイヤモンドです。こちらは、小粒であっても、とても存在感がある石です。逆にカットがしっかりしてれば、小粒であってもキラキラとした輝きは、離れていても感じることができます。

デザインも豊富で、繊細なタイプでも豪奢なタイプでも、どちらにも使えます。 それに、この石に魅かれるという時は、人生のエネルギーが高まっている時期です。良いことも悪いことも同時に引き寄せる力があるので、体力や気力が満ちている時に着けることをお勧めします。 それから、次に紹介するのが水晶です。こちらは、丸く磨いたものが主流になっているます。丸い水晶はブレスレットにして、お守り代わりにしている方もいます。

さらに、透明水晶をカッティングすると、ダイヤモンドのように輝きを放ちます。このようなタイプの水晶をハーキマーダイヤモンドと言います。透明でキラキラとした輝きは、持っている者を浄化する働きがあります。さらに、異なる二つの要素を統合してくれる効果もあるので、商談やプレゼンの際に持っておくと良いです。 他に女性性を高めてくれる石として、ローズクウォーツがあります。淡いピンク色を持った石で、透明度が高い物から乳白色がかった物まで様々です。こちらは、女性性を助けてくれる効果があります。女子力を上げたかったり、恋愛に自信をつけたい場合は、身に付けると力を分けてくれます。 このように、いろいろ宝石を見ていくと、色や形の他に、石が与える効果も大切なポイントになっているのがわかります。

自分には何が合っているのか迷った時は、その時、自分が欲しいと感じた直観に従った方が良いです。そのためには、なるべく石を実際に手に取ってみることが大切です。 好きな石が決まったら、せっかくなのでジュエリーとして付けると、石ともっと仲良くなることができます。個人で活動しているジュエリーデザイナー等は、オーダーメイドでデザインをしてくれます。そこで、自分の好きな石を伝えたうえで、デザインの要望を伝えると、自分好みのアクセサリーを作ることができます。