宝石の歴史

星のような輝きを持った宝石は、女性をより美しく見せてくれるアイテムです。それに、美しくするだけでなく、持っていると自然と物腰や習慣がエレガントになります。そんな不思議な力を持った、宝石の知識や雑学などご紹介していきます。 まず、宝石の歴史からみていきます。ジュエリーショップに売られている宝石は、職人によってカッティングされ、デザイナーによって整えられた状態になっています。元々は、ごろりとした岩石のような形をしている物がほとんどです。

 このような石を太古の人々は、加工してアクセサリーにしてきました。こういった傾向は、世界各国で見ることができます。日本では、古墳から勾玉というアクセサリーが出土しています。エジプトでも、王の墓から宝石で身を飾ったミイラが発見されています。どちらの場合も、かなり身分の高い人が付けていたことがわかります。さらに、高貴な人だけではなく、神聖な仕事に就く人々も身に付けることが多かったのです。 

こうして見ていくと、日常生活でジュエリーを身に付けるというのは、ごく最近の事であるとわかります。石には、人の運勢や気力や体力をサポートしてくれる力があります。昔の人は、そんな石の力を自然に感じ取っていた可能性があります。 こういった石の力は、現在でも活用することができます。ジュエリーショップに売っている宝石でも、相性が良ければ、持っている人を導いてくれます。石と共鳴する力が強ければ強いほど、臨んだ現実が引き寄せられてきます。 どの石と共鳴するかは、自分の直観に従って選ぶと良いです。石の効果や知識は、とりあえず腋に置いて、とにかく欲しいと感じた石を手に取ります。手に取った時に、違和感が無かったり、気持ちが良い感覚があったら、間違いなく石との相性が良いです。

 それでは、参考までに石の持つ効果についてご紹介していきます。まず、水晶について見ていきます。水晶は、その一点の曇りもない輝きからわかるように、浄化する力が強いです。肉体的にも精神的にも疲労していると感じたら、水晶を身に付けるとエネルギーを綺麗にしてくれます。 次に、宝石の中で最もメジャーなダイヤモンドですが、こちらもエネルギー充電にお勧めです。ただし、とてもパワフルな力を持っているので、身に付ける際は、気力や体力ともに充実していることが大切です。 他にも石の持つ特性は様々なので、自分の状況と感覚を研ぎ澄ましながら選ぶと、相性の良い石と巡り合うことができます。